全てを決めるのは、暮らし方を考えた『間取り』

全てを決めるのは、暮らし方を変えた『間取り』

間取り

皆さん、「住宅の構造なんて法律が厳しくなってるから何処でも一緒でしょ」なんて思っていませんか?
実は違うんです。

2階建て木造住宅には、構造計算といって鉄骨や鉄筋コンクリートのような、厳しいチェックが無いのです。
(※ちゃんと行政と国に対して、建築確認申請という手続きと検査はありますので、ご心配なく)

構造計算がないということは、壁や床が地震の振動を受けた時に、何処で支えるのか、その壁で耐えられるのか等の複雑な計算をしていないということです。
つまり、根拠もなく経験則で図面が描けちゃいます。

建築士でも大工でも、はたまた、何の免許も持っていないただの営業マンが図面を描いているという業者さえあります。
命を守る構造が間取りをつくる上で1番大事であり、次に家を建てる候補地の特性に合った間取りにすること、さらには、お客様のライフスタイルに合った動線や、近隣とトラブルにならない配慮が必要となってきます。

お客様のことを本気で考えてくれる会社かどうかは、建築のプロであれば、広告に掲載されている間取りを見れば分かるものですが、なかなか一般のお客様には分からないものかもしれません。

間取りがしっかり考えられていて、安心して任せられる会社かどうかは、LDKの広さや標準設備の多さにごまかされずに、しっかりと見極めていただきたいですね。

新築・建て替え・リフォーム・土地探し・土地活用など、住まいに関することなら何でもご相談ください

泉州で20年以上、コツコツやってきた谷口開発だからお役に立てることがあります

谷口開発へのお電話でのお問い合わせはこちら