建てる前からしっかり『メンテナンス』

建てる前からしっかり『メンテナンス』

メンテナンス

購入前からメンテナンスのことをお考えになられる方は、案外少ないかもしれませんが、住宅というのは10年ほどで点検が必要ですし、15年ぐらいで必ずメンテナンスが必要になってきます。

そのメンテナンス時期をなるべく先に延ばすか、メンテナンス時期が来ても、かかる費用を安く抑える方法があります。
それは、傷みやすい箇所の素材をしっかりと選んでおくことです。

当然、太陽や雨、風や雪などから住まいを守る外装部材は、一番早くメンテナンスが必要になってきます。
そのメンテナンス方法を知ることで、外装材の選び方も変わってきます。

例えば、海に近い場所に建っている家の外装材に、塩害に弱い素材を選んでいいものでしょうか。
その様な観点で外装材を選ぶ業者は実はあまりいません。

他に、モルタルやALCだと吹き付けるだけでメンテナンス完了ですが、サイディングだとジョイント部分のコーキングの打ち替えが先に必要となりますが、サイディング自体の張替えもいつかは必要となります。
長年、大切な命を守ってくれる住まいは、メンテナンスが重要になってきます。
前もって貯金しておくことをお勧めしますが、商品の選定にも気を付けて下さいね。

外装材を選ぶ時は、特徴や商品自身の対応年数を確認することをお勧めします。

新築・建て替え・リフォーム・土地探し・土地活用など、住まいに関することなら何でもご相談ください

泉州で20年以上、コツコツやってきた谷口開発だからお役に立てることがあります

谷口開発へのお電話でのお問い合わせはこちら