家事の負担をなくす家

日本古来からの住宅の考え方

時には寝室を1階に設ける。平屋使いができ、普段の生活を階段なしで行えることは、敷地が広いから出来る間取り。
言い換えれば、敷地面積を十二分に活かすために考えられた間取り。
洗濯物は庭で干す。洗濯物を2階に運ぶのは、大変な重労働。1階で洗濯し2階まで運んで干す。乾いて軽いものを2階で収納する悪循環をなくしたい。こうすることで、年配の方にも優しい設計。

新築・建て替え・リフォーム・土地探し・土地活用など、住まいに関することなら何でもご相談ください

泉州で20年以上、コツコツやってきた谷口開発だからお役に立てることがあります

谷口開発へのお電話でのお問い合わせはこちら