谷口開発の歩み

谷口開発の歩み

1994年(平成6年)2月
株式会社谷口開発 設立
6月
泉佐野市中町にて土地開発・分譲住宅の代理販売を主に営業開始
1995年(平成7年)5月
自社ホームページ掲載 http://ktk-taniguchi.com/
阪神淡路大震災発生 住宅の耐震化が見直されるきっかけとなる
1998年(平成10年)1月
財団法人日本住宅検査機構に入会
住宅のバリアフリー化を義務化前に着手
健康住宅宣言ノンホルムアルデヒド住宅を義務化前に着手
地盤保証10年開始
1999年(平成11年)7月
泉佐野市市場東に本社移転
3D-CAD導入
2000年(平成12年)4月
建築事務所設立 意匠設計・建築確認申請業務をスタート
2001年(平成13年)7月
カトリック大阪大司教区より地域貢献 感謝状授与
住宅の24時間換気システムを義務化前に導入
火災保険代理店業務スタート
2002年(平成14年)7月
泉佐野市市場東 現住所にて自社ビルを購入 本社移転
自社分譲物件を主に営業展開
2003年(平成15年)7月
建築基準法の改正により、24時間換気システムの義務化スタート
2004年(平成16年)1月
株式会社日本住宅保証検査機構(JIO)に入会【民間検査会社の検査がより厳格に】
2005年(平成17年)
構造計算偽装問題発覚 建築業界を揺るがす
2006年(平成18年)
木造中古住宅の耐震診断業務スタート
ホームインスペクションが注目を集める前に着手
2007年(平成19年)6月
JIO加入後100棟品質優良ビルダーに認定証授与 現在も続く
2009年(平成21年)4月
ツーバイフォー工法導入(新ハイスタット工法・ファイヤーストップ工法)
9月
住宅瑕疵保証制度義務化 着手完了
長期優良住宅対応仕様販売開始
2010年(平成22年)3月
省令準耐火住宅標準化【2010年4月より各損保会社火災保険料率見直しがはじまる】
2011年(平成23年)3月
東日本大震災発生 原発問題に端を発し、構造よりも省エネや自家発電、自然エネルギーが注目されはじめる
住宅エコポイント対応仕様の住宅販売開始【既存住宅同時対応】
国土交通省・経済産業省・環境省が合同で「低炭素社会に向けた住まいと住まい方」をについて、2020年までに新築住宅の省エネ基準の義務化を発表。省エネ住宅への対応が加速
2012年(平成24年)8月
インテリアデザイン、パッシブ住宅、外壁の耐久性に着目カーサプレチオーザシリーズスタート
2015年(平成27年)10月
10年を超える火災保険契約が中止される
2016年(平成28年)3月
年の義務化にむけZET住宅に着手
8月
一般社団法人 環境共創イニシアチブ へZETビルダー登録が完了

新築・建て替え・リフォーム・土地探し・土地活用など、住まいに関することなら何でもご相談ください

泉州で20年以上、コツコツやってきた谷口開発だからお役に立てることがあります

谷口開発へのお電話でのお問い合わせはこちら